Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活 婚活アプリ

【比較】婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所を徹底解説!

2018/09/10

世の中は少子高齢化が叫ばれていますが、それとリンクをするかの如くに単身世帯の増加が問題となっています。
その背景には離婚の問題もありますが、同時に「結婚しにくい」社会的土壌もあります。

そんな中で「婚活」は、流行語になるほどまでの勢いでポピュラーな活動となりました。

では、結婚を取り巻く背景と、今の婚活事情はどうなっているのでしょうか。昔と今の事情に違いや、婚活の種類などを挙げてみます。

>>真面目な婚活 ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

アプリでネット婚活

ネット婚活の利用は、忙しい人こそ便利です。

今やインターネットは24時間で年中無休で閲覧が出来ますので、ネット利用の婚活は、時間と場所の自由度が非常に高いです。ネットの利用は家だけでなくバスや電車の中でも可能ですので、そう言った小さな空き時間を婚活に使うことも可能です。

ネット婚活には大きく分けて2種類あります。1つ目がSNSなどの利用で、2つ目が結婚相談所などが運営しているものです。

前者においてのメリットは、手軽に友達からスタートできる点があります。SNSで知り合いを作ることは非常に手軽です。

アカウント上で友達になり、そこからスタートを始めるので、婚活をスムーズに進められます。また、今は無料通話アプリなども普及していますので、通信費を入れたとしても、ローコストで婚活を進めることが出来ます。

>>真面目な婚活 ゼクシィ縁結び

>>真面目な出会い Omiai

ゼクシィ縁結び

次に後者、結婚相談所が運営する婚活サイトの利用です。

こちらは結婚前提の登録者との付き合いが前提となりますので、スピーディーに相手と話を進めることが出来ます。また、結婚相談所運営の婚活サイトは、お見合いパーティーの企画などもしていますので、利用して相手を探すことも出来ます。

隙間時間の利用とは言え、ネット婚活も非常に力強い味方になってくれます。ネット利用でマイペースで焦らずに婚活を進めましょう。

>>ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

婚活パーティーの利用

婚活パーティーの利用の最初のメリットは、趣味の合う相手を探すのに便利な点があります。

自分の持っている趣味やこだわりは、相手によっては理解を得ることが難しくなり、結婚を考える上で大きなハードルにもなりかねません。逆に言うならば、同じ趣味の相手ならば価値観なども共有が出来るので、良いマッチングも可能です。

婚活パーティーによっては、例えばプロスポーツ観戦やなどのイベントを併せた物も企画される程にもなっています。

次のメリットは、自分の好きなタイプのパーティーを選べる点です。婚活パーティーにも趣味メインの物世代に合わせたものがありますので、希望するパーティーに参加すれば望む相手と出会うチャンスになります。

また、少人数の物大人数の物など、パーティーの形式についても選ぶことが出来るので、自分の動きやすいパーティーに参加することが出来ます。また、予算についても自分の財布に合わせて選ぶことが出来るので便利です。

この様に、婚活パーティーの利用は自分に合う趣味や価値観の相手を探しやすいです。趣味の話で盛り上がって、自分に合う相手を見つけましょう。

結婚相談所の利用の婚活

結婚相談所は、その名の通り、婚活のプロ集団と言うことが出来ます。
婚活に結婚相談所を利用する上での最大のメリットは、経験豊富の担当者が付く点です。担当者はヒアリングなどを通して利用者の希望を聞き、登録者の中から最適と思われる人を紹介してくれます。

担当者が着くと良い点としては、自分から話を切り出しにくい場合などが最初に挙げられます。

将来を共にする人と自分たちと将来について語り合うのは、最初はなかなか難しいかとも思われますが、そこを担当者が手助けしてくれますので、スムーズに話が運びやすいです。

また、仮に不安がある場合なども担当者に相談が出来ますので、一人で悩まずに話を進めることが可能です。

次に挙げられるメリットは、話を早く進めることに長けている点です。結婚相談所のスタッフは非常に経験が豊富なので、結婚に関する段取りなども熟知しています。
そして一連の流れについても相談が出来て、段取りをスピーディーに進めることが出来るので、早く結婚に漕ぎつけることが出来ます。

そして、担当者の「仲介者」としての位置付けも非常に大きいです。結婚は非常にプライベートかつデリケートなので、雰囲気で話が進んでしまい、自分の意志を伝えることがなかなか出来ないなどのアクシデントも考えられます。

そんな時に強い味方になるのが仲介者としての立場です。言いにくいことも出てくることもありますが、それを相談すれば、的確なアドバイスを得ることも出来ますし、相手に対して代弁してくれることも可能です。

この様に、結婚相談所は強力な味方を付けての婚活になります。結婚関連のプロ集団、非常に大きな味方です。

>>厳選16社の結婚相談所資料一括請求!無料

結婚サービス比較.com

社会人サークルなどを通して

社会人サークルなどを通しても婚活は可能です。

社会人サークルは、趣味も当然ですが、同じ考え方や共通する志を持った仲間としての性質もありますので、感性においても非常にマッチする相手と出会えます。

趣味のサークルでは、例えばスポーツのサークルなどでは、スポーツの話題やプレーを通して親密になることも出来ますし、社会福祉などのサークルでも共通する話題を持つことが出来ます。また、相手についても知る機会も多いので、地味ではありますが相手の人物を知るのに、大変役立つ方法と言えます。

昔のお見合いと今の婚活

昔は結婚が「個人同士」の面と「家同士」の面がありました。その背景もあって、家や町が若い人の結婚をバックアップする空気もありましたが、今は「家」よりも「個人」に重きが置かれ、結婚に関しても個人同士の話になりました。

結婚は本来個人同士である訳ですから、この流れは良い傾向かと思われますが、実はそこにはデメリットもあり、町で結婚をバックアップする空気は次第に薄れ、結婚も個人戦になってしまいました。

昔であるならば、家同士と言うこともあり、家や親類、そして町の親しい人を巻き込んでの相手探しとなり、そしてお見合いから結婚に流れました。ところがその空気が希薄になったせいか、家や親類を介したお見合いの機会は非常に数が減りました。

ところで、今の事情には、それと加えて結婚に繋がる上でのハードルがいくつか増えている現実もあります。

ひとつは女性の社会進出です。働く女性が増えたことにより、女性は経済的にも自立することが出来て、結婚が純粋に人生のメリットとなり得ないならば、一人でも働けば食べていく選択も出来ました。

また、それに加えて長い間の景気低迷による非正規雇用人口の増加もあります。結婚には何かと経済力が必要な場合が多いので、非正規雇用化、即ち賃金の低迷が結婚を遠のかせたとも言えるのです。

そんな中で現れたのが婚活ブームと言えるでしょう。今の婚活は、家よりも個人主体で進められるのが、昔のお見合いと大きく違う点とも言えます。昔の世話人的な立場の人は、結婚相談所の担当者や、婚活サイトなどに変わりました。そして、婚活の方法も多岐に渡る様になり、方法自体も個人が主体的に選べる様になっています。

婚活を通して最適なパートナーを

婚活は出会いの活動ではありますが、最適な人生のパートナーを探す重要な部分でもあります。
交際相手を探す面もありますが、ベースの部分は伴侶候補を探すことに他ならず、相手に対する誠意も非常に大切になります。

そう考えると、どうしてもガチガチになるかも知れませんが、じっくり、焦らずに最適の相手が探せれば良いと思います。
自分のペースに合わせて進めて、幸せな夫婦になってください。

>>真面目な婚活 ゼクシィ縁結び

>>真面目な出会い Omiai

>>世界最大級のアプリ マッチドットコム

>>恋活・婚活アプリランキング

ゼクシィ縁結び

Omiai

-婚活, 婚活アプリ
-, , , , , , , , , ,