Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カナ的哲学 モテ女子の秘訣 婚活

恋に行き詰まったら考えてみよう-自分を愛する方法-

2018/05/02

大好きな人との恋愛中は、とっても楽しいもの。

しかし、時にはうまくいかなくなってしまうのも恋愛。
うまくいかなくなる時は、相手に多くを求めすぎてしまっていることがあります。
相手に多くを求めることは、すなわち相手に依存している証拠でもあります。

本来恋愛とは、お互いを高め合うためのものなのに、依存した恋愛の関係は、一歩間違えれば泥沼化し、精神的な苦痛を伴ってしまいます。

大好きな人と幸せなトキを過ごしたい、そんなあなたに読んでいただきたい、『自分を愛することの大切さ』について、お伝えしますね。

依存の関係では二人は行き詰まってしまう

恋愛が行き詰まってしまう原因は様々ですが、その一つに、相手に多くを求めすぎている場合があります。

相手のことを好きだったら、もっと愛して欲しい、もっと好きになって欲しい、と思うのは当然のことですが、行き過ぎるとそれは相手に依存した関係になってしまいます。

依存した恋愛は、相手の行動ひとつで自分の日常生活にまで影響を及ぼしてしまうために、とても危険です。
また多くの男性は、過剰に依存されたり束縛されたりすることを嫌います。

では、依存しない恋愛とはどういうものでしょうか。

理想のカタチは、自立した関係

理想的な恋愛のカタチは、お互いに自立した関係にあることです。お互いに自立をしていれば、相手へ依存することなく、心に余裕を持って相手を思いやることができます。

自立とは、様々な意味での自立があります。

経済的な自立も必要ですが、大事なのは精神的な自立です。
この章では、主に精神的な自立にしぼってお伝えしていきます。

自立するには、自分を愛してあげよう

相手に依存した恋愛をしている場合は、精神的な自立ができないことが多いということは先にもお伝えしました。この場合には、相手のことばや行動で、自分が左右されてしまい、日常生活にも支障をきたしてしまう場合もあり、非常に危険です。

精神的な自立は難しそうですが、実はとてもカンタンです。

自分を愛してあげて、認めてあげることができればいいのです。

自分を愛することができるようになると、相手を思いやる気持ちにも余裕が出てきます。

自分を愛する方法はとってもカンタン

自分を愛する方法は、何か特別なことをするわけではありません。

自分が『好きだ』『楽しい』『ワクワクする』『心地いい』と感じることを、積極的に取り入れていくことで、だんだんと自分を愛することができるようになります。

部屋の掃除をしてみる

例えば身近なことであれば、自分の部屋を掃除をしてみたり、布団のシーツを変えてみたりすることから始めてみましょう。

きちんと片付いた部屋でのんびり過ごしていると、気持ちいいですよね。

片付いた部屋で暮らしていると、心に余裕が出てきます。
できればお花を飾ったりするとよりリラックスできますよね。

リラックスできると『なんか気持ちいい』というポジティブな感情が生まれます。

楽しいと思うことをしてみる

自分が『楽しい』と思うことや、『ドキドキ』『ワクワク』することを積極的にやってみましょう。

映画を見ることでもいいですし、海や山に出かけてみることでもいいです。

ショッピングに出かけて、『カワイイ』とか『なんか好き』と思ったものを、自分のために買ってみることでもいいです。

とにかく自分が『楽しいな』『幸せだな』と感じることを、どんどんしてみましょう。

自分が好きなものを好きだと感じてみる

そして自分が楽しいと思うものを『あぁ、楽しい』とか、好きと思うことを『好き』と感じる気持ちを大事にしていきましょう。

この『好き』『楽しい』と思う気持ちが、自分を愛することにつながります。

直感を信じる

自分を愛する上で大事なコトは、直感を信じることです。
自分のインスピレーションを大事にすると、自分の感性が高まり、自分が好きだ、楽しいと思うことを、自然とできるようになります。

直感とは、誰のためでもなく自分のためにあるものです。
自分の直感を信じて、日頃から感性を高めましょう。

トキメキと恋は同じもの

『好きだ』『楽しい』『ドキドキ』『ワクワク』という感情は、恋と似たようなものですが、実は同じ感情なんです。

小さなトキメキの塊が、恋なのです。

なので、自分でたくさんのトキメキを自主的に感じることができるようになれば、いつの間にか、自分で自分のことを好きになることができ、いつの間にか自分で自分のことを愛することができるようになっていきます。

自分を愛すると自立できる

自分のことを愛することができるようになれば、自然と精神的な自立できるようになります。恋人に依存しなくても、自分の力で自分を愛することができているからです。

自分で自立ができるようになると、自分の心にゆとりができます。

心のゆとりが相手への思いやりへと変わる

自分の心にゆとりができると、相手へ思いやりにも余裕が出てきます。そうなれば、相手に依存することなく、相手のことを本当に意味で愛することができます。

男性にとって依存は非常に重いもの。女性にとっても男性の重い愛は苦痛ですよね。

お互いに自立しあった関係で築いていく愛は、お互いを認め合い高め合うこともできるため、長続きできる秘訣とも言えます。

まずは、この章でお伝えした、身近な『掃除をすること』や『自分が好きと思うことをすること』を、積極的に日常に取り入れていくことから始めてみてくださいね。

 

-カナ的哲学, モテ女子の秘訣, 婚活
-, ,